いじめっ子の脳

いじめをするなんて人としてどこかがおかしいとしか思えません。
なんて思っていたら、本当に脳に障害がある可能性があるなんて結果がありました。
前頭前野、扁桃体、側頭葉が8~16%程度萎縮している脳です。
その委縮によって相手の体や心の痛みを感じることができない傾向にわるのです。
相手を痛めつけることで快感を得る障害があります。
それは育てた環境や親の責任ではないわけですね。
生まれつきもってしまった脳の障害です。
いじめをする人のすべてにあてはまるわけではありません。
しかし自分の子供の脳に委縮があるのだとしたらなんとかしたいと思うのが親心です。
子供のうちに対処していれば他人を傷つけたり将来犯罪者になることを防ぐこともできると思われます。