アレルゲンの増加

熟年世代、現在50代から60代の人に多くなっている病
10位口周りにできるガン、痔、関節症、糖尿病、気分障害 うつ病など、
1.5倍から2倍は増えている
5位 2倍 膵臓がんなど
4位 2.1倍 睡眠障害
3位 2.4倍 前立腺がん
2位 3.3倍 アルツハイマー病
1位 3.4倍 アトピー性皮膚炎
生まれつきアトピー素因というものを持っている人がアレルゲンの刺激で発症する皮膚病です。
これまでは子供に多く、大人になるにつれて症状が治まりやすいと言われていました。
20代は減少していますが、30代で1.5倍に上昇、40.50.60代では3倍以上になっています。
大人のアトピー性皮膚炎が増えている。
70歳でアトピー性皮膚炎に発症する例もある。
乳児期に一度治まっても大人になってからまた出てくる。
人それぞれ違う身の回りのいろんなもの200種類以上ある。
大きな要因のひとつはアレルゲンの増加だけではない。
皮膚のバリアが失われたり年の日焼けなど。
皮脂膜が薄くなり水分が蒸発、バリア機能が低下。
バリア機能低下は加齢や新井杉のほかはストレスが問題だとされています。
心理的ストレスが皮膚防御を低下させるのです。