札幌アンダーソング ラストソング

小路幸也さんの『札幌アンダーソング ラストソング』を読みました。
シリーズ3作目、ラストとつくように最後?ですよね?
と思わず確認をしたくなる読後でs。
敵は本当に死んだのか?あいつは偽物を用意することくらい簡単にする。
って、なんだそりゃ。
そんあ曖昧にしとくのであれば、シリーズものなんて終わらないですよね。
それとも再開できるような布石をわざとつくったってことですかね。
いずれにしてもこのシリーズはどくとくの気持ち悪い雰囲気が漂っていて好きではありません。
少女漫画に出てきそうな男の子の表紙に惹かれましたが、「キャラクターが濃い」とひとことでは片づけられません。
女性は好みそうではあるけれどそのぶん事件がいまいちでしたね。