湿度が高い梅雨の時期

湿邪という湿度が高い梅雨の時期独特のものがあり、死亡にいたるケースもあるくらいの病です。
湿邪は東洋医学の概念です。
東洋医学は別名、気の医学ともいわれています。
この世のすべてを構成するエネルギーのようなもので健康を大きく左右します。
湿気が体の中に入って悪さをすることを湿邪。
湿度が低いと汗をかいてもすぐに蒸発するが湿度が高いと途中で汗がながれない。
皮膚が蒸発せずに皮膚にとどまり、汗の出口が狭くなっているからです。
蒸発する際の非加熱で体温を逃す働きがあるのに、湿度が高いといつまでも体の中が暑いまま。
それで自律神経が乱れて免疫力の低下につながります。
日本は湿気が多くて不快なんですよね。
カラッと晴れる夏が欲しいです。