子供達を襲う卑劣な犯行

子供達を襲う卑劣な犯行はわずか十数秒、無言で刺してまわったというのだから教頭先生が児童をバスに乗り込ませる、そこまでしていたのに起きてしまいました。
もう学校や大人が防ぐことは不可能です。
私達ががんばんなきゃ、など大丈夫と声をかける女の子がいたそうで、その子の言葉は頭が下がる思いです。
でもその時はそう言えたとしても、今後はわかりません。
心の奥底では傷ついているはずです
また、子供の見送りに行っていた父親が殺害されています
お子さんが被害に遭ったかはわかりません。
それでもその子が自分の見送りに来なければパパは死ななかったと思うのではないかと心配です。
分かりにくい子供の症状として、やる気が出ない、複数のことが同時にできないなどがあるのでケアが必要でしょうね。

コメントは受け付けていません。