目の当たりにするのは辛い

親の老いを目の当たりにするのは辛い。
自分も歳を取ったので同じように親だって歳をとるわけです。
でもその姿を直視するのは冷静ではいられませんね。
階段の上り下りに難儀している姿を見て驚いていしまいました。
だってそんな老人みたいな歩き方をするなんて想像もしていなかったから。
年齢としてはもう完全に老人ですし、高齢者ですよ。
分かっていたけれど脳内で感知しているのと実際に見るのとでは大きく違います。
一緒に住んでいなければすぐに見ることもなかった姿です。
そうなってくるとすでに家から出ている兄と妹がうらやましいですよ。
自分もいつかその姿に近づくし、そのいつかは遠い未来のことではないでしょう。
寿命がくるまで健康体でいたいというのは誰しも願いことですね。

山を買う人が急増

コロナ禍の影響で山を買う人が急増ってニュースを見ましたよ。
コロナ禍でアウトドアの人気があるのは知っていますよ。
でも何年先もアウトドアが出来るくらい健康体かどうかわからないじゃないですか。
悲観的なことばかり言うつもりはありませんよ。
でも、レンタルくらいでいいのに買うなんてばかみたいとしか思えませんでした。
でも大金が必要じゃない場合もあるみたいです。
一角30万円のものもあるとか。
山の所有者が高齢化して0円でいいので引き取って欲しい、というのもある。
でもそれは自分が手放す時は、また大変ってことですよ?
神奈川にあって絶景満喫できて、300坪300万円。
固定資産税もかかるし、やっぱり購入してしまったらあとあと大変なことにしかならないと思います。

プールの授業

湿気や湿度が高くて蒸し暑いとはいえ、かなりの曇り空でときおり雨も降っているのに、小学生はプールの授業があるんですね。
近所の小学校でプールに入っていたので、職場でそんな話題を出しました。
そしたら同僚薬剤師のPPさんのお子さんの学校では去年に引き続きプール授業は中止になったそうです。
地域ではなく学校の方針で決まるらしいですね。
プールって子供にとってはすごく好きな遊びだと思うのですが、中止にしたくらいでコロナ感染が防げるんですかね。
感染予防は大切ですし、おそらく今後もしばらくは続くでしょう。
今回のコロナ騒動で菌に対する警戒が強くなりましたよね。
潔癖症になる人が増えそうな気がします。
人を避けるとか触ったものに注意するとか嫌な世の中ですよね。

こんな発見方法ある?

購入してからつけてみただけで、一回も外出で使っていないイヤリング。
つけようと思ったら見つかりませんでした。
購入時にいろいろあったので、袋に入れたまま捨てた可能性が高い。
そう諦めていたら出てきましたよ!
夜中に目が覚めたときに目が痛かったんです。
パソコンの画面を見過ぎのドライアイで痛いことがあり、その時は眼科でもらった軟膏をつけるとスッキリします。
痛いので目をつむったまま、引き出しの中をごそごそとさぐっていたんです。
目をあけないので電気もつけませんでした。
入れている場所はわかるので、手触りで探しました。
そしたら小指と薬指に何かの小袋がはさまって、何かなと思ったらそのイヤリングでした。
夜中に目が痛いまま笑いました。

悲劇的な物語はいや

最近は見たい海外ドラマがなさすぎて困っています。
いや、作品はたくさんあるんですよね。
でも無料で見ることができるのから選ぶしかない状況なのでないんですよ。
期間限定なんでそれが終われば他の作品を補充してくれるわけなので、毎日チェックしているのに、見たいのがない。
先日、更新された海外ドラマは「謎のウィルスで人類の99%が滅亡した世界」がテーマでした。
そんな悲劇的な物語を今見たいとは思いません。
全世界でコロナウィルスがどうにもならない状況で、娯楽として楽しむことが出来る人はすごいですよ。
滅亡していないので物語よりもかなり天国でしょうけれど、たくさんの人が死ぬようなストーリーは避けたいです。
できたら吹き替えで見ることが出来ると嬉しいです。

人柄は大切

久しぶりに面白いと思える時代小説を発見しました。
主人公が優しいだけではなくて頭も良く、人柄とかも評判で安心して読めるんですよ。
そういう人がいるとまわりの人もいい人になるものだし、大きな展開があるわけでもないけれど、短編の連作で読みやすい。
シリーズ化をしているので長いつきあいになりそうだなぁなんて思っていたんです。
そしたら、3巻が終わったあたりですぐに結婚してしまいました。
連れ合いになった女性も主人公と似た気質で良いと言えば、良いのですがもうちょっと独り身でいたくれた方が面白かったかな。
だってまだ二十歳だし。
あの時代では女性は10代で嫁入りが普通だから早くはないんだろうけど。
なにせ30過ぎたら大年増扱いですからね・・・。

真っ先に認知症を疑う

90歳を超えた血縁関係はないけれど親戚のような存在のおばさんが西日本にいます。
数年前に旦那さんを亡くして一人暮らしです。
子供がいないせいか、孫のようにいろいろよくしてくれていました。
そのおばさんが、生ものを通常の宅急便で西日本から東日本に送ってきたと知って愕然としました。
10月は真夏ではないけれど20度だって普通に更新するくらいですよ。
郵送中にどのくらいの温度になるかわからないのに、なんで冷蔵で郵送しなかったのか。
私は真っ先に認知症を疑いましたよ。
ちょっとした失敗で笑えればいいけど、本人も自覚してなくて進行しているかもしれないじゃないですか。
1人暮らしの老人の認知症発症率は高いですし、遠いので顔を見ることも出来ず心配です。

健康管理は飼い主の責任

カナダ在住のゴールデンレトリーバーの飼い主が、太りすぎで動けずかわいそうだけど安楽死をさせたいと病院に連れてきたそうです。
太りすぎにさせたのは飼い主以外にありませんよね。
欲しい、食べたいとねだるのを止めずに人間が食べるものを与えたのでしょう。
ペットの健康管理は飼い主の責任です。
責任があるにもかかわらず、安楽死させたいだって?
かわいそうだけどこの子の為って本気で思っているなら人間の病院で診察を受けた方がいいですよ。
そんな人から保護されて、一年間で48キロのダイエットに成功して、今では身軽に走り回っているそうです。
動けないなら運動させるのも一苦労だったでしょう。
面倒を見てくれた人はとても素晴らしい人ですね。

犬は家族の一員?

とある有名野球選手が飼い犬の世話人を雇っていたが、犬に怪我をさせられたとして訴えられているようです。
海外はなんでもすぐに訴えるイメージがありますが私がひっかかったのは、犬の世話を雇っていたというところです。
多忙だけど犬のために雇っていたのでしょうね。
でも家族の一員として犬を飼うものだと思っている私としては、お金を払って世話係をつけるということが理解できません。
犬は散歩に行かなければならないといこともあるでしょう。
でもそれは分かっていて飼ったわけですよね。
お金がある人の知恵とでもいうべきことですが違和感を覚えてしまいます。
散歩だけ代行を雇うというものではないような「世話役として雇われていた」そうですしね。

仕方がないので買いたそう

使いたいときにみつからないのは困るので、同じところにしまうようにしているし、置きっぱなしにしないようにしています。
しかし、私も完璧ではないのでたまになくなってしまうことがあります。
置いてある場所の横にゴミ箱がある場合は、もしかするとゴミ箱に落ちてしまって捨ててしまったかもしれないです。
仕方がないのでないと困るものはスペアを用意することにしています。
本命で使っているものとは別に緊急なのにみつからない場合に使うものです。
同じものでも色が違うとかした方が、本命と予備が分かりやすいですよね。
今、みつからなくて困っているのは小さいハサミです。
これの他には裁ちばさみしかなくて、場合によってはちょっと危険です。
仕方がないので買いたそうと思います。