認知症予防

認知症と診断される前もされてからも認知機能をできるだけ維持できるようにすることが重要です。
認知機能テストを受け続けることによって、通常なら年齢とともに落ち続けるものなのに落ちないようになります。
認知症を予防する教室では、指先の運動や、簡単な計算問題などをしていくことによって効果がでてきます。
いろいろな人とコミュニケーションを取るのもいいことです。
ストレス解消にもなるし、創造的なことをする活動が良い。
新しいことを創り出すのは脳を活性させる。
新しいことに躊躇しがちですが、今まで使っていない脳の神経細胞を使うことになる。
細胞は一部が損傷しても、ほかのところが助けてくれるものなのです。
人間の体はまだまだ未知数ですね。